無線通信技術に関するコンサルティング業務とは

● 技術コンサルティング業務をご希望のお客様へ

 アンプレット通信研究所とコンサルティング業務のご契約(以下、基本契約)をしていただきましたお客様に対し、当研究所の工学博士の学位を有するコンサルタントが、月に2回、お客様の会社に伺い(または、御社のご指定場所に伺うか、アンプレット通信研究所にご来社いただき)、技術指導会を行います。


● 技術指導会の内容

・ 技術指導会では、無線通信機器やアンテナに関するディスカッション、設計支援、実験のお手伝い、デザインレビュー、新規事業へのアドバイス、ブレインストーミング、勉強会の講師など、お客様のご依頼(ご要望)に可能な限りの対応をいたします。

・ 技術指導会、勉強会の予約状況は、アンプレット通信研究所のホームページで公開しております の「〇」が記載されている日から、技術指導会、勉強会の日程をお選びください。


● コンサルティング業務の基本契約の対価

・ 基本契約の業務の対価は、コンサルタント1名につき、月額 250,000円(税別) です。この費用にて、月に2回の技術指導会の開催技術指導会でのご質問に対し次回の技術指導会で回答するまでの検討や調査など を行います。

・ 基本契約月内の技術指導会の追加につきましては、1回につき、120,000円(税別) の追加費用を、別途、御請求申し上げます。


● 1日の技術指導会

・ 基本契約を行わないお客様への 1日の技術指導会や勉強会の講師派遣(対価は 120,000円(税別))にも応じます。尚、この場合の 技術指導会でのご質問に対し、後日、回答を望まれる場合 は、別途、検討や調査に費用が発生する場合もございます。


● ご請求金額の税の扱いについて

 アンプレット通信研究所は、第5種簡易課税事業者(国税庁ホームページ No.6929)として税務署に登録しています。御社へのご請求金額(1回のご請求金額が 1,000,000円以下の場合)は、以下の式で算出された金額となり、お手数をおかけいたしますが、支払い時に差し引かれた源泉徴収所得税は、御社から税務署に納税をお願いいたします。(税理士、弁護士、弁理士、技術士などの士業への支払い方法と同じ)


ご請求金額 = 税別対価(Ⓐ)+ 消費税(Ⓐの10%)- 源泉徴収所得税(Ⓐの10.21%)


(基本契約のご請求金額の例) ⇒ 250,000円 + 25,000円 - 25,525円 = 249,475円


● その他

・ 遠距離の交通費、宿泊費は、実費で御支給をお願い申しあげます。

・ 書類の作成、試作機の製作などは、別途、御見積をいたします。


● お願い

・ 「1日の技術指導会」のための事前打ち合わせは、メールでのやり取りに限らせていただきます。


お問い合わせ・ご依頼は から

アンプレット通信研究所とのコンサルティング業務契約には、以下の メリット がございます。

① アンプレット通信研究所は、無線通信機器やアンテナの研究・開発・設計・試作を行っておりますので、設計や開発に用いる測定器などの設備が充実しています。御社にこのような開発設備が十分にそろっていない場合、当研究所の 高周波測定器開発設備 をご利用いただけます。アンプレット通信研究所は、電気街の秋葉原まで、徒歩10分程で行ける場所にありますので、実験に必要な部品の調達も容易ですし、新製品の市場調査などにも便利な場所です。


② アンプレット通信研究所には、無線通信機器やアンテナの試作や量産を行える パートナー企業 がございます。技術コンサルティング業務から、御社が製品化に向けた試作を行いたい場合、アンプレット通信研究所からパートナー会社へと、スムースな業務の流れを作ることができます。


③ アンプレット通信研究所 所長の根日屋英之は、大学の非常勤講師 も兼務しております。産学連携も、ご協力できる場合もございます。


④ アンプレット通信研究所 所長の根日屋英之は、人と車と家を無線で繋ぐ V2HH 研究会人体通信コンソーシアム を主催しております。多くの IoT ビジネスをご検討されている企業にご参加いただいておりますので、技術情報の収集や協業の出会いの場としてご活用ください。アンプレット通信研究所と技術顧問契約を締結していただいた企業様は、無料でご参加いただけます。

Copyright(c) Dr. Hideyuki Nebiya. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com