ABOUT 人体通信コンソーシアム

 CEATEC 2007 で究極の近距離無線として 人体通信 (Human Body Communication : HBC)が注目され、その後、IEEE 802.15.6 として国際標準規格になりました。10年たった2017年に、再度、人体通信に注目が集まっています。人体通信は、ID カード、医療機器、ウェアラブル端末、電子キーなどに導入が検討されています。人体通信コンソーシアムは、人体通信にご興味があるみなさまの情報交換の場として、2017年6月19日に設立されました。

メッセージ

 人体通信コンソーシアムは、人体通信技術を導入した新しい産業を創出しようとしている企業が情報を共有できる場を提供するために設立されました。低迷している日本の製造業において、新しい市場を開拓できるように、みなさまと進んでゆきたいと思います。

[参考] 人体通信コンソーシアム 根日屋 英之 のメディア・イベント情報

[講演会・セミナー情報] [著書のご紹介] [テレビ番組]

[インタビュー] [無線雑誌執筆記事] [業界雑誌執筆記事]

人体通信コンソーシアムの運営

 人体通信コンソーシアム は、現在、人体通信に興味のある研究者と企業のボランティアの方々により運営されています。ご入会をご希望されます方(ご入会のお申し込みは こちら から)は、会費は無料ですが、研究会の運営形態をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。


人体通信コンソーシアム