RFID とは

RFID のホームページの開設にあたり    工学博士 根日屋 英之

 みなさま こんにちは。アンプレット通信研究所の 根日屋 英之 (ねびやひでゆき)です。私の RFID のホームページを訪問していただき、ありがとうございます。

 私と RFID のかかわりは、1983年から始まりました。前職の会社で、レーダ技術を応用した新規事業の開発を行うチームを任されました。レーダは、ターゲットにパルス状の電波をぶつけ、その反射信号の受信時刻とパルス電波の送信時刻の時間差から、ターゲットまでの距離を測定します。この技術を応用した新規事業として何ができるかをいろいろ考えました。

 過去のレーダ技術として、アメリカでは第2次世界大戦のときに、夜間に空中戦をしている戦闘機の敵か味方かの識別をレーダにより行っていたというウワサを聞いたことがありました。しかし、その技術に該当する文献や資料を当時は見つけることができませんでした。

 レーダ技術を使って敵か味方かの識別をしていることは、味方であるという識別情報を用いて反射波に変調をかけていることは間違いなさそうです。そこで、この変調をどのようにしてかけるかの研究を開発メンバー(全員がアマチュア無線家という無線が好きなメンバーでチームを構成)とスタートしました。そして、この会社の中央研究所の方々のご指導も賜りながら、1984年に RFID の原型となる「FA用トランスポンダ」の試作を行うことができました。


RFIDとは

ユビキタス時代に突入し、「RFID」に注目が集まる。

 「RFID」は(Radio Frequency IDentification)の略で、質問機(リーダ)から電波を情報を記憶した応答器(RFタグ)に向けて送信し、応答器はその電波を反射するとき、記憶した情報をその反射波に乗せて返送する近距離無線通信システムです。

 1984年に、自動車の製造ラインにFA用トランスポンダという名称で、自動車に取り付けたタグに電波をぶつけ、跳ね返すときに識別(ID)情報をとりだす 2.45GHz の「RFID」システムの試作を行いました。そして、当時の関東電波監理局に実験局免許を受けたいと尋ねたところ、「過去にこのような無線設備が使用された実績がない」という理由で、国内での使用許可の可能性は非常に低い(私は、免許を受けることはできないと理解しました)という回答をいただき、当時の「FA用トランスポンダ(=RFID)」システムは実用化されませんでした。

 それから20年後、世の中のキーワードが「ユビキタス情報社会」となり、全てのモノから情報を得る無線情報端末として、この「RFID」がにわかに注目をあびるようになりました。私は2003年4月に、RFID技術の整理をするため、「ユビキタス無線工学と微弱RFID」(東京電機大学出版局)を執筆しました。


RFIDに関する私の記事の無料ダウンロード

 電波技術協会 殿のご好意により、私が執筆しました記事のPDFファイルをWEBサイトで公開できることになりました。

・ダウンロード条件

 この記事の著作権は、電波技術協会殿にあります。記事の加工や2次利用をしない条件に同意した方に限り、記事のPDFファイルをダウンロードしていただけます。


私のRFIDの開発の歴史を記事にまとめました。

電波技術協会報「FORN No.301」 2014年11月号

全世代にむけた産学人無線通信技術講座

~ その2 変化してきた無線通信機器の設計手法 ~

P.26 ~ P.29


今だからこぞRFIDについて知っておきたいことを記事にまとめました。

電波技術協会報「FORN No.303」 2015年3月号

全世代にむけた産学人無線通信技術講座

~ その4 基礎技術で説明できるRFIDは、本当はハイテク技術 ~

P.32 ~ P.35


Copyright(c) Dr. Hideyuki Nebiya. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com