私のアマチュア無線局 (第1級アマチュア無線技士)

・ コールサイン : JE1BQE (*) [ ホームページ

・ QTH : 東京都台東区

・ 免許された空中線電力 : 200W [免許情報

・ JCC #100106 / GL PM95VQ


・ コールサイン : JE1BQE (*と同じコールサイン)

・ QTH : 神奈川県川崎市多摩区

・ 免許された空中線電力 : 1kW [免許情報

・ JCC #110305 / GL PM95SP


・ コールサイン : JE1BQE (*と同じコールサイン)

・ QTH : 千葉県いすみ市

・ 免許された空中線電力 : 50W [免許情報

・ JCC#1238 / GL QM05EF


・ コールサイン : JA9QZH [ ホームページ

・ QTH : 富山県魚津市

・ 免許された空中線電力 : 100W [免許情報

・ JCC #2804 / GL PM86QT


・ コールサイン : JD1BOO [ ホームページ

・ QTH : 東京都小笠原村母島

・ 免許された空中線電力 : 1kW [免許情報

・ JCG #10007 / GL QL16BP

著書 リニアアンンプスタイルブック

・ コールサイン : HL3ZCG

・ QTH : 大韓民国大田広域市(Daejeon)

・ 免許された空中線電力 : 100W [ ホームページ

・ KDN #R05 / GL PM36QI

私とアマチュア無線

・ 東京・秋葉原で生まれ育った私は、文字通りの「ラヂオ少年」でした。子供の頃に見たアメリカ(CBS)のコメディー・ドラマ 「ギリガン君 SOS」 の中で、主人公のギリガン(船員)が乗ったクルーズ船がエンジントラブルで漂流し、たどり着いた島でラジオを無線機に改造して SOS を出すシーンを見て、無線に興味を持ちました。


 


・ 1971年に東京都台東区でアマチュア無線局 JE1BQE を開局し、1976年に富山県魚津市で JA9QZH も開局しました。1971年から現在まで、ずっと無線を楽しんでいます。今の仕事(無線機の設計)も、この子供の頃からの趣味の影響を大きく受けています。


・ 普段は聞こえない場所の電波が、突然、聞こえるミステリアスな 50MHz バンドと、闇夜の中のロウソクの炎のように、雑音の中でもはっきり聞こえるモールス符号によるトン・ツー通信が大好きです。


・ 1976年に西ドイツから JE1BQE/DL DK0RA を運用して以来、東・西統一後のドイツ DL/JE1BQE、アメリカ合衆国 W4/JE1BQE、W6/JE1BQE、W7/JE1BQE、W9/JE1BQE、サイパン KH0/JE1BQE、KK6RT/KH0、小笠原諸島 JD1BOO、韓国 HL3ZCG など、海外からもアマチュア無線を楽しんでいます。


2022年10月13日付 電波新聞のコラム「ミリ波」で、根日屋英之が紹介されました。


Copyright(c) Dr. Hideyuki Nebiya. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com