無線通信技術に関するコンサルティング

アンプレット通信研究所


アンプレット通信研究所の概要

 アンプレット通信研究所は、無線通信に関する 技術コンサルティング を業務とする、二人の工学博士が経営する民間研究所です。アンプレット通信研究所の前身である株式会社アンプレットは、1987年9月9日 に会社が設立されて以来、他社からの資本導入を受けず、自己資金による無借金経営 を続けています。

 アンプレット通信研究所は、株式会社アンプレットの業務の中の「研究業務」と「コンサルティング業務」を分離し、その業務を移管する目的で、2017年2月に設立された研究所です。アンプレット通信研究所の所員は、株式会社アンプレットでの豊富な経験を活かし、御社が企画されます無線通信機器の 企画 ⇒ 開発 ⇒ 設計 ⇒ 試作 ⇒ 量産 までのお手伝いをいたします。


* 研究所名 : アンプレット通信研究所 (2017年以降)

(1987年 ~ 2017年 株式会社アンプレット)

* 所在地 : 〒110-0016 東京都台東区台東3-4-2

* 電話 / FAX : 03-5688-0493

* 業務内容 : 無線通信技術に関するコンサルティング業務

* 所長 : 工学博士 根日屋英之

* 副所長 : 工学博士 塚本信夫(有限会社 DSP技研 代表取締役

* 税務担当 : 三浦暢之 公認会計士事務所

アンプレットにおける「無線通信機器の企画から量産まで」の紹介記事

 株式会社アンプレットにおける 無線通信機器の 企画 ⇒ 開発 ⇒ 設計 ⇒ 試作 ⇒ 量産 まで を、以下の雑誌で紹介しています。


雑誌名 :日経エレクトロニクス 2007年4月9日号 特別企画

・ 製品企画から量産開始まで全16工程の手順と勘所 P.34 ~ P.53

・ 製品開発に必要な技術を的確に学ぶ分野別参考書 P.76 ~ P.81

出版社名 :日経BP社


* この記事は再掲載のリクエストが多いため、インターネット上で公開され、無料で読むことができます。


沿 革

1987年(昭和62年)9月 : 電子回路の設計を業務とする 株式会社アンプレット を東京都台東区にて設立

1987年 : 無線通信機器、ミリ波レーダ、超音波非破壊検査装置、レーザレーダなどの開発を開始

1988年 : コードレス電話、車載用無線機、ハンドヘルド無線機、ペイジャーなどの受託設計を開始

1992年 : 韓国向け、北米向けの携帯電話の受託設計を開始

1995年 : 気象衛星受信システム(UFC-1)の販売を開始

1998年 : RFID用IC、アンテナの開発を開始

1998年 : 電子航法研究所(ENRI)と 94GHz ミリ波レーダの共同研究(開発) を開始

2002年 : 東京電機大学へ講師を派遣(超高周波工学、ユビキタス無線工学

2003年 : RFID技術の ライセンス契約 を凸版印刷株式会社と締結

2005年 : 無線通信技術に関するコンサルティング事業を開始

2010年 : 人体通信機器の開発を開始

2011年 : 韓国電子通信研究院(ETRI)と 人体通信の共同研究 に関する MoU を締結

2015年 : 韓国の忠南国立大学校(CNU)と無線通信技術の 人材育成プロジェクト の契約を締結

2017年(平成29年)2月 : アンプレット通信研究所 を設立し、株式会社アンプレットの業務を継承

2017年 : 人体通信コンソーシアム(HBCC) を設立

2018年 : 人と車と家を繋ぐ V2HH 研究会 を設立

Copyright(c) AMPLET Communication Laboratory All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com