東京大学での所属歴

1981年4月 ~ 1983年3月 : 生産技術研究所 第3部 高木幹雄研究室

              (多次元画像処理センター)

2011年10月 ~ 2013年3月 : 東京大学大学院 医学系研究科

                 22世紀医療センター

               (重症心不全治療開発講座)

2013年4月 ~ 2014年3月 : 東大病院 医療機器管理部

2014年4月 ~ 2015年11月 : 東大病院 緩和ケア診療部

2016年5月 ~ 2017年3月 : 東大病院 緩和ケア診療部

東京大学生産技術研究所(1981年4月 ~ 1983年3月)での研究 (リモートセンジング)

 1981年(昭和56年)4月から2年間、当時、東京都港区六本木にありました東京大学生産技術研究所 第3部 高木幹雄研究室/多次元画像処理センターで、気象衛星のリモートセンシングの研究をしていました。

 種子島から届いた2.4mφのパラボラアンテナを用いて、気象衛星「ひまわり」と「NOAA」の受信をしてのリモートセンシングが研究テーマでした。研究室は大学院生と複数の企業からの研究員の方々が一緒に研究しておりました。

東京大学医学部附属病院(2010年10月 ~ 2017年3月)での研究 (医療ICT)

 人が一人でも安心して生活できる環境の実現に向けて、情報通信技術や無線通信技術の活用に関する研究をしていました。

・ 人体通信 (IEEE 802.15.6)

・ 補助人工心臓 (Ventricular Assist Device)

・ 低消費電力の近距離無線

・ RFID(移動体識別)技術

・ 生体情報センシング技術

Copyright(c) Dr. Hideyuki Nebiya. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com