Seminar on Digital Signal Processing

ディジタル信号処理の基礎と応用セミナー

今、話題のSDR(Software Defined Radio)を勉強したい方に

ディジタル信号処理の基礎と応用セミナー (担当講師 : 工学博士 塚本 信夫)

 近年、急速に実用化が進んでいる SDR(Software Defined Radio)の基礎技術であるディジタル信号処理の基礎と応用セミナーです。

・ ご希望の開催年月日 : ここからメールでご相談ください。

・ セミナーと質疑応答の時間 : 13:00~17:00(4時間)

・ 費用 : ¥80,000(税別、この費用で5名様までご参加いただけます。)

・ テキストは当日に配布いたします。

有限会社DSP技研 代表取締役)

プログラム


はじめに


1. ディジタル信号処理の特徴 (長所)

 1-1. 高い精度の演算が可能、複雑な処理

 1-2. 周波数領域 → 時間領域設計

 1-3. 小型化、低消費電力

 1-4. プログラマブルということは

2. ディジタル信号処理の特徴 (短所)

 2-1. 超高速演算 (ADC の限界)

3. 離散サンプル系の信号処理

 3-1. サンプリング (Over Sampling、Under Sampling、折返し)

 3-2. Laplace 変換、Z 変換

 3-3. L、Z 対比演算の例

4. 応用例

 4-1. 高周波での変・復調

 4-2. フィルタの設計

 4-3. ロールオフ波形整形

 4-4. 波形等化

 4-5. FFT変換 (OFDM 変復調の基礎)

 4-6. 制御 (AGC キャリア同期、クロック同期など)

 4-7. DDS (ディジタル ダイレクト 周波数シンセサイザ)


質疑応答(技術相談会)