ドイツの親友 Bernhard Thiem 一家

 私は1976年に初めて海外旅行をしました。その国はドイツ(当時の西ドイツ)です。当時は1ドルが360円の時代で、輸入品は舶来品と呼ばれ、また、海外旅行は高嶺の花でした。旅行に行かせてくれた両親には今でも感謝しています。ドイツでもアマチュア無線の免許(JE1BQE/DL)を取得しました。今では珍しくなくなった日本人の海外からのアマチュア無線運用ですが、当時はまだとても珍しく、私は、CQハムラジオ誌 1976年11月号 p.83~ p.86 に「ドイツ訪問運用記」を執筆しました。上の写真は記事に用いた Sigi DK9FN シャックからの JE1BQE/DL 運用風景です。私のドイツでの滞在場所(Aschaffenburg)の近くの町(Seligenstadt)に住むアマチュア無線家、DK9FN Sigi、DF2FQ Holger、DF5FJ Bernhard と現地で会うことができました。彼らとは今でも何でも相談できる親友です。



 その中の Bernhard は、自分の3人の息子に、私、私の父、私の弟の名前をつけるほど、私とは家族のような関係です。Bernhard の家族は、5人ともアマチュア無線の免許を持っています。右の写真の左から右へ、Bernhard(DF5FJ)、Andreas(DO1XAT)、Charlotte、Christoph(DO7CT)、Elke(DL1ZBT)、Daniel(DO5DT)、Ida です。




 Thiem 家の人たちも日本が大好きで、庭には小さな日本庭園もあります。居間は広くてとても居心地が良いです。左の写真の右端の女性は、Melinda です。


 Bernhard は、ドイツの大企業で、マイクロコントローラの設計をしていました。そのためかThiem 家の人たちは電子工作が大好きで、「Thiem - Work のキット」を販売しています。また、Bernhard は、私の会社のドイツの窓口として手伝ってくれています。



Copyright(c) Dr. Hideyuki Nebiya. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com