第6回 日本・韓国 合同 人体通信 研究会 (2016年5月9日 ~ 5月10日)

 2016年2月18日に、人体通信の半導体インタフェース国際規格 IEC 62779:2016 が承認されました。

 第6回 人体通信研究会は、日立製作所(東京・品川)で開催されました。IEC/TC-47 国際標準化の動向、日本での人体通信ビジネスの動向、IoT ビジネス概要、カプセル内視鏡の人体通信規格などについて、熱心な討議が行われました。

 現在、次世代人体通信技術の国際標準規格のひとつとして、人の体内と体外の無線通信(In-body Communication)が協議されています。その要素技術である Galvanic Coupling について、ETRI からご発表がありました。

研究会の概要

講演プログラム

2016年5月9日

(1) Welcome Address
----- Byoung Nam Lee (ETRI)

(2) Overview of IoT Business
----- Taizo Kinoshita (Hitachi)


2016年5月10日

(3) IEC TC 47 Activities on HBC Interface for Capsule Endoscopy
----- Kwang Il Oh (ETRI)

(4) Application Overview for HBC
----- Shigetoshi Matsuta (OB of Alps)

(5) Pannel Discussion Collaboration in IEC and other SDO

(5) Wrap Up Session

Copyright(c) HBC Joint Seminar All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com