第5回 日本・韓国 合同 人体通信 研究会 (2015年3月12日 ~ 3月13日)

 第5回 人体通信研究会は、ETRI のある韓国の大田広域市(Daejeon)で開催されました。今回は、人体通信の生活支援ロボットへの導入、自動車内での人体通信の利用、カプセル内視鏡に人体通信を導入した事例、医療現場での導入実験の報告がありました。

 大田広域市は、多くの研究機関や大学のある場所です。私(根日屋)は、人体通信技術に関する講義を、忠南国立大学(CNU)で行いました。また、私のミリ波レーダに関する論文を研究の参考にしているという韓国航空宇宙研究院(KARI)からも招聘を受け、レーダ技術の講演をしました。

研究会の概要

講演プログラム

March 12, 2015

(1) Welcome Address
----- Byoung Nam Lee (ETRI)

(2) The Heartwarming Communication HBC - Communication between Person and Machine
----- Hideyuki Nebiya (AMPLET, Inc.)

(3) Transceiver for Human Body Communication Using Frequency Selective Digital Transmission
----- Sung Weon Kang (ETRI)

(4) "MiroCam" Using In-body Human Body Communication
----- Felix K. Yie (IntroMedic)


March 13, 2015

(5) Recent HBC Activity - elefin (Nippon Signal)
----- Taizo Kinoshita (Hitachi)

(6) VAD (ventricular assist device) Telemetry System Using HBC
----- Hideyuki Nebiya (The University of Tokyo Hospital)

(7) Analsysis on Co-channel Interference of Human Body Communication Supporting IEEE 802.15.6 BAN Standard
----- Jung Hwan Hwang (ETRI)

(8) Radio Wave Propagation in a HBC Device including a Transceiver
----- Toshiyuki Maeyama (Takushoku University)

(9) Wrap Up Session

Copyright(c) HBC Joint Seminar All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com