第4回 日本・韓国 合同 人体通信 研究会 (2013年7月9日 ~ 7月10日)

 第4回 人体通信研究会は、日本の横浜(日立製作所 戸塚工場)で開催されました。今回は、日本・韓国のみならず、スェーデン、アメリカ、マレーシアからの参加者がありました。

 ETRI からは、彼らが開発した人体通信試作機の紹介、電極技術、伝播特性、EMC/EMI、国内外の市場、自動車における BAN、医療現場での実証実験など、非常に広い分野のディスカッションが行われました。

 最終日には、ETRI 主催の懇親会が横浜の中華料理店で開催され、参加者が親睦を深めることができました。

研究会の概要

講演プログラム

2013年7月9日

(1) Welcome Address ----- Byoung Nam Lee (ETRI)

(2) Beyond Interaction: Enhance Human's Capability with Wearable Technology
----- Tomoya Yamamoto (Nihon Kotsu)

(3) Car Body Area Network
----- Taizo Kinoshita (Hitachi)

(4) Data Collection using Human Body Communication with Sensors
----- Shigetoshi Matsuta (Alps)

(5) Digital HBC System
----- Sung Weon Kang (ETRI)


2013年7月10日

(6) HBC Propagation and Man Made Noise
----- Jung Hwan Hwang (ETRI)

(7) VAD (ventricular assist device) Telemetry System using HBC
----- Hideyuki Nebiya (AMPLET, Inc. / The University of Tokyo Hospital)

(8) Guiding your way to creative Global WBAN Business
----- Kyoko Taka (GPS)

(9) EMC/EMI in Human Body Communication
----- Takehiro Sugo (Takushoku University)

(10) Wrap Up Session

Copyright(c) HBC Joint Seminar All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com