海外の友だち

ドイツの親友 Bernhard Thiem 一家

 私は1976年に初めて海外旅行をしました。その国はドイツ(当時の西ドイツ)です。当時は1ドルが360円の時代で、輸入品は舶来品と呼ばれ、また、海外旅行は高嶺の花でした。旅行に行かせてくれた両親には今でも感謝しています。ドイツでもアマチュア無線の免許(JE1BQE/DL)を取得しました。今では珍しくなくなった日本人の海外からのアマチュア無線運用ですが、当時はまだとても珍しく、私は、CQハムラジオ誌 1976年11月号 p.83~ p.86 に「ドイツ訪問運用記」を執筆しました。上の写真は記事に用いた Sigi DK9FN シャックからの JE1BQE/DL 運用風景です。私のドイツでの滞在場所(Aschaffenburg)の近くの町(Seligenstadt)に住むアマチュア無線家、DK9FN Sigi、DF2FQ Holger、DF5FJ Bernhard と現地で会うことができました。彼らとは今でも何でも相談できる親友です。



 その中の Bernhard は、自分の3人の息子に、私、私の父、私の弟の名前をつけるほど、私とは家族のような関係です。Bernhard の家族は、5人ともアマチュア無線の免許を持っています。右の写真の左から右へ、Bernhard(DF5FJ)、Andreas(DO1XAT)、Charlotte、Christoph(DO7CT)、Elke(DL1ZBT)、Daniel(DO5DT)、Ida です。




 Thiem 家の人たちも日本が大好きで、庭には小さな日本庭園もあります。居間は広くてとても居心地が良いです。左の写真の右端の女性は、Melinda です。


 Bernhard は、ドイツの大企業で、マイクロコントローラの設計をしていました。そのためかThiem 家の人たちは電子工作が大好きで、「Thiem - Work のキット」を販売しています。また、Bernhard は、私の会社のドイツの窓口として手伝ってくれています。





韓国の親友(친구) 禹鍾明先生

 1990年代の初め頃から、韓国 通産部 中小企業振興公団の無線通信専門家となり、韓国の中小企業に無線関連技術の指導に行くようになり、ソウル特別市の無線機メーカーで無線通信機器の設計を行いながら、韓国の中小企業に無線通信に関する技術指導をしていました。また、韓国が世界で初めてのCDMA携帯電話サービスを開始するということで、私も京畿道安養市にある企業の研究所で、CDMA 携帯電話(IS-95)の共同開発をすることになりました。そのため当時は韓国に滞在している時間が非常に多かったのですが、韓国において外国人がアマチュア無線の免許を得ることはできませんでした。

 2014年、私が特別講義の講師を担当している 大田広域市 (Daejeon)の 忠南国立大学校 内に、禹鍾明教授(Prof. Jong Myung Woo)のご協力をいただき、HL3ZCG (個人局)を開局することができました。

 禹鍾明先生は、私と同じ日本の大学院の同じアンテナ研究室で、小型アンテナに関する研究を行い、博士の学位を得ました。韓国に出張するたびに、禹鍾明先生には本当にお世話になっておりますが、私が講義をしていた東京電機大学の学生たちが韓国に行くときにも、大変、お世話になっています。禹鍾明先生は、私の生涯の友(친구)です。

DS1SUR 金智淵(Jiyeon Kim)さん

 趣味のアマチュア無線で、韓国の 50MHz バンドが好きなグループが、「6M6M」という特別なコールサインで、韓国・済州島からオンエアーしました。そのメンバーの中に、女子大生の DS1SUR 金智淵(Jiyeon Kim)さんがおり、彼女のアマチュア無線人生で初めての海外の交信相手が私でした。彼女はその翌年、日本のハムフェア(アマチュア無線の祭典)に父の HL1LUA Jinho Kim さんと来日し、会場で会うことができました。


 私は1990年代から人体近傍の無線通信の研究をしています。この近距離無線通信は 人体通信 と呼ばれるようになり、2000年代には世界中で注目される無線通信方式の一つ(IEEE802.15.6)になりました。人体通信の研究は、韓国で盛んに行われていますが、その研究をリードしていたのが、韓国電子通信研究院(ETRI) です。ETRI は日本で人体通信を研究している私に注目してくださり、私の研究所(アンプレット研究所)との人体通信共同研究に関する MoU を2011年に締結しました。それ以降、日・韓 合同 人体通信研究会 を毎年、日本と韓国で相互に開催しています。


 金智淵さんは、2014年から日本の大学に留学しましたが、2018年12月に韓国に帰国するまで、韓国語の研究論文が多い、私の人体通信の研究をサポートしてくれました。偶然、アマチュア無線で出会った彼女は、私にとっての貴重な人体通信の研究仲間となりました。


Copyright(c) Nebiya Family. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com