JD1BOO

小笠原諸島 母島

根日屋 英之のアマチュア無線局


 根日屋 英之は、以下のコールサインの無線局からオンエアしています。以下のアイコンをクリックしますと、それぞれのコールサインのページに移動します。





アマチュア無線局 JD1BOO

 小笠原諸島は東京から1,000km南にある、太平洋上に浮かぶ亜熱帯の島々です。私は海が大好きです。長い間、仕事をがんばってきた自分へのご褒美として、小笠原諸島の母島で、空中線電力 1kW のアマチュア無線局を開局しました。開局するにあたり、JD1BHA 後藤OMには大変お世話になりました。ありがとうございました。

 小笠原諸島からも、みなさまと交信できることを楽しみにしています。







海外移動運用は楽しい !

 ちょっと気合を入れて行った 50MHz の海外移動運用は、1976年の小笠原諸島 (父島から、私のもう一つのコールサインのJA9QZH/JD1)と、1992年のサイパンからの運用 (KH0/JE1BQE)。サイパンからは4日間運用を行いましたが、3日間は何も聞こえなかった50MHzバンドでした。しかし、ミステリアスバンドの50MHzは、4日目に日本-サイパンのパスが開け、約200局と交信ができました。

 私は、韓国から HL3ZCG で、そして、何よりも 50MHz で 1kW の免許をいただいた JD1BOO からの運用を夢見ています。




小笠原母島レポート



もう一つの趣味は音楽

 私は中学生の頃からギターが好きになり、自分でもいろいろなミュージシャンのギターをコピーしていました。PPM(Peter Paul and Marry)、Simon and Garfunkel、EAGLES、The BAND、そして、誰もが通るLED ZEPPELIN。

 大人になってから聴いていたのは、サザンオールスターズの曲「真夏の果実」や「Tsunami」です。

 好きな曲は、私の人生で、嬉しいときも悲しいときも、常に聴いていた Johann Pachelbel の「Canon」です。

Copyright(c) Dr. Hideyuki Nebiya. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com