第2回 忠南国立大学 プロジェクト (2015年)の開催にあたり

 忠南国立大学 (CNU) は、無線工学の人材育成プログラムの契約を 株式会社 アンプレット と締結し、株式会社 アンプレット の 代表取締役 博士(工学) の 根日屋 英之 氏 (東京大学 特任研究員 / 東京電機大学 非常勤講師)を講師として忠南国立大学に招きました。


 根日屋氏は多くの技術本を執筆していますが、その中の「ユビキタス無線工学と微細 RFID」と「ユビキタス無線ディバイス」を、私は韓国語に 翻訳 しました。これらの本は、忠南国立大学出版局から購入することができます。

 禹鍾明(ウ・ジョンミョン)

招待講師 : 株式会社 アンプレット 代表取締役 博士(工学) 根日屋 英之 氏

 1980年に日産自動車入社、車載用電装機器を設計に従事しました。その後、日立湘南電子(現・日立情報通信エンジニアリング)、東京大学 生産技術研究所、日立製作所で、人工衛星搭載用無線通信機、衛星地上局、RFID、光通信装置、レーザ・レーダなどの研究・開発に従事しました。1987年に無線製品の民間研究・ 開発会社「アンプレット」を設立し、現在に至ります。無線関連企業の役員や技術顧問、大学での研究員や講師を兼務しながら、製品開発や技術支援、人材育成など を手掛けています。1990年代初めから、大韓民国通産部 中小企業振興公団からの招聘で、ワイヤレス機器の設計技術指導を行い、韓国での世界初のCDMA携帯電話サービスに向けての端末機設計に従事しました。近年では、近距離無線や人体通信を医療現場で活用する研究を行っています。

セミナー プログラム

----- 2015年3月11日 午後 -----

(会場 : 忠南国立大学)

(1) The Heartwarming Human Body Communication

--- Dr. Hideyuki Nebiya, Lecturer of Tokyo Denki University

(2) The Warning System for Helicopters with the 94GHz Millimeter Wave Radar

--- Dr. Hideyuki Nebiya, President of AMPLET, Inc.


----- 2015年3月12日 午前 -----

(会場 : 韓国航空宇宙研究院)

(3) The Warning System for Helicopters with the 94GHz Millimeter Wave Radar

--- Dr. Hideyuki Nebiya, President of AMPLET, Inc.


----- 2015年3月12日 午後 -----

(会場 : 韓国電子通信研究院)

(4) Communication between Person and Machine using Human Body Communication

--- Dr. Hideyuki Nebiya, President of AMPLET, Inc.


----- 2015年3月13日 午前 -----

(会場 : ユーサンホテル)

(5) VAD (ventricular assist device) Telemetry System using Human Body Communication

--- Dr. Hideyuki Nebiya, Researcher of The University of Tokyo Hospital

Copyright(c) The CNU Project All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com