BUDの会のメンバー紹介 (3人の共通点)

* かつて同じ会社で働いていた。

* 趣味はアマチュア無線

* アンテナが大好き。

* ほぼ、同世代の工学博士

* 技術単行本の著書多数

* 技術雑誌の連載筆者

* 各地で講演をしている。

工学博士 根日屋 英之 --- Dr. Hideyuki Nebiya (JE1BQE)

 1971年5月に東京都台東区で JE1BQE を開局。秋葉原で生まれ育った典型的なラジオ少年。仕事も無線機やアンテナの設計をしています。若い人たちに無線通信の面白さを教えたくて、大学で電子工学と電磁気学の講義をしています。


 JE1BQE (1kW 固定局@神奈川県川崎市、200W 固定局@東京都台東区、50W 移動局@千葉県いすみ市)、JA9QZH (100W 固定局@富山県魚津市)、JD1BOO (1kW 固定局@東京都小笠原村)、HL3ZCG (100W 固定局@大韓民国 大田広域市)からアマチュア無線を楽しんでいます。

工学博士 小暮 裕明 --- Dr. Yoshihiro Kogure (JG1UNE)

 中学校の理科クラブでハムの洗礼を受け、変わったアンテナを作り続ける。以来、今日まで集合住宅で「筋金入りの(hi)アパマンハム」。


 おかげで、40年以上コンパクト・アンテナを研究。最近まで、大学で講義をしていました。


 ベランダ・アンテナは近傍界で苦労するが、MLA(マグネチック・ループ・アンテナ)は近傍界問題の宝庫! おもしろすぎる?? MLA48 Project を主宰しています。

工学博士 山村 英穂 --- Dr. Hideho Yamamura (JF1DMQ)

 子供時代にレコードプレーヤを壊し、ゲルマラジオ、並四ラジオ、5球スーパー、1972年に JF1DMQ を開局してコンテスト三昧、衛星通信を経て、DBMやトロイダルコイル に狂いました。


 どうもカラクリに納得しないと気がすまず、1985年以来、アンテナにのめり込んでいます。電磁気、奥が深いですねえ。最近は JA3 の大学で講義もしています。


 アメリカのコールサインは AA6VE です。

Copyright(c) BUDの会 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com