無線通信、アンテナ、人体通信、RFIDなどの

技術コンサルティングと受託設計

御社の専属研究所としてアンプレット通信研究所を御利用ください。



     




● アンプレット通信研究所の概要

* 研究所名 : アンプレット通信研究所

* 英語表記 : AMPLET Communication Laboratory

* 所在地 : 〒110-0016 東京都台東区台東3-4-2

 

* 電話 / FAX : 03-5688-0493

* 業務内容 : 無線通信に関する技術コンサルティング

        無線通信機器やアンテナの受託設計

        無線工学に関する社員教育やセミナーの講師

* 経営ポリシー : 自己資金による無借金経営

* 所長 : 博士(工学) 根日屋 英之

* 副所長 : 工学博士 塚本信夫(有限会社 DSP技研 代表取締役

* 税務担当 : 三浦暢之 公認会計士事務所

沿革

1987年(昭和62年)9月 : 電子回路の設計を業務とする 株式会社アンプレット を東京都台東区にて設立

1987年 : 無線通信機器、ミリ波レーダ、超音波非破壊検査装置、レーザレーダなどの開発を開始

1988年 : コードレス電話、車載用無線機、ハンドヘルド無線機、ペイジャーなどの受託設計を開始

1992年 : 韓国向け、北米向けの携帯電話の受託設計を開始

1995年 : 気象衛星受信システム(UFC-1)の販売を開始

1998年 : RFID用IC、アンテナの開発を開始

1998年 : 電子航法研究所(ENRI)と 94GHz ミリ波レーダの共同研究(開発) を開始

2002年 : 東京電機大学へ講師を派遣(超高周波工学、ユビキタス無線工学

2003年 : RFID技術の ライセンス契約 を凸版印刷株式会社と締結

2005年 : 無線通信技術に関するコンサルティング事業を開始

2010年 : 人体通信機器の開発を開始

2011年 : 韓国電子通信研究院(ETRI)と 人体通信の共同研究 に関する MoU を締結

2015年 : 韓国の忠南国立大学校(CNU)と無線通信技術の 人材育成プロジェクト の契約を締結

2017年(平成29年)2月 : アンプレット通信研究所 を設立し、株式会社アンプレットの業務を継承

2017年 : 人体通信コンソーシアム(HBCC) を設立

2018年 : 人と車と家を繋ぐ V2HH 研究会 を設立



日経エレクトロニクス 2019年5月号 ~ 7月号

 当研究所所長 根日屋 英之 は、日経エレクトロニクス 2015年5月号 ~ 2015年11月号 にて、「連載 無線モジュールの要、アンテナ設計の基礎」を執筆し、多くの読者の方々にお読み頂きました。

 この度、その続編として、同誌 2019年5月号 ~ 2019年7月号 に、「連載 無線を扱う前に知っておくべきこと」を掲載中です。どうぞ、お読みください。




日経エレクトロニクス 2007年4月9日号

 当研究所所長 根日屋 英之 は、ワイヤレス製品の「製品企画から量産開始まで全16工程の手順と勘所」を、日経エレクトロニクス 2007年4月9日号 P.34 ~ P.53 に執筆をいたしました。

 無線ビジネスに興味のある方々から、この記事に関するお問い合わせが現在もあります。そこで、日経エレクトロニクスの Website 「日経xTECH」で、この記事を無料で読むことができますので、どうぞ ご参照 ください。


Copyright(c) AMPLET Communication Laboratory All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com